固定電話 TOP > 固定電話 > 固定電話は不必要なのか

固定電話は不必要なのか

携帯電話の所持が当たり前になってきた中で、固定電話に対する不要論というのもたびたびあがってきます。

携帯電話同士だと、特定の番号相手なら通話が無料だったりするわけですし、
利便性や料金のことを考えると必要ないのかなと思ったりもします。

しかし、固定電話が本当に不必要なのかというと実際にはそうではないようです。

固定電話を利用しているかというアンケートを行うと、60代は97.2%、20代では59.9%という数字で、
若年層では使用者が少なくなってきているものの、中高年の方にとってはまだまだ必要なツールであることが分かります。

中高年を対象に、使いやすさを売りにした携帯電話もありますが、年配の方にとっては
携帯電話よりも使い慣れた固定電話を利用するという人が多いようですね。

固定電話は勧誘やセールス、振り込め詐欺などの電話がかかることも多く、詐欺の被害にあってしまう危険も多いです。
実際、私の実家にある固定電話にかかってくる電話は殆どそんな感じですね。

でも、固定電話にも固定電話なりのメリットもあり、回線がパンクしやすい携帯電話に比べて、
災害時などにも回線がパンクしにくく、連絡が取りやすいという特徴があります。

普段使いの通話手段としては利用が少なくなっている固定電話ですが、
緊急時のライフラインとしてはまだまだ必要な存在だと思います。

    ページトップへ戻る
    Copyright(C) 固定電話 All Rights Reserved.