固定電話 TOP > 固定電話 > IP電話とひかり電話

IP電話とひかり電話

電話加入権を持たない人が固定電話を利用する方法として、ひかり電話、IP電話などがあります。

IP電話は主にプロバイダなどが提供する電話回線で、インターネットを活用した電話サービスのことです。
IP電話の特徴は、通話料が非常に安いこと。

常時接続が当たり前になったインターネット回線を利用するので、
全国一律用金、もしくは無料化というサービスを実現しました。

しかし、デメリットもあり、プロバイダによってIP電話からは110や119などの3桁の番号に掛けられない場合があるのです。
将来的には改善される予定はあるものの、緊急電話番号に掛けられない可能性があるというのはちょっと・・・
という人もいるかもしれません。

また、格安料金を売りにしていますが、携帯電話への通話はそれほど安くはならないことが多いです。

次にひかり電話ですが、こちらはNTTが提供するIP電話サービスの商品名のことです。
ひかりケーブルを利用するので、単独では契約ができず、Bフレッツ(光回線)と一緒に
契約するのが原則になります。

以前のADSL回線のときは、通話が不安定になったり途切れてしまったりというケースが良くありましたが、
光回線になり通話や電波も安定するようになっています。

通常の固定電話からIP電話やひかり電話に乗り換える人も多くなってきていますね。

    ページトップへ戻る
    Copyright(C) 固定電話 All Rights Reserved.