固定電話 TOP > 固定電話 > 固定電話の今後

固定電話の今後

今までは一家に一台、必ずといって良いほど各家庭には固定電話が設置されていました。

携帯電話が普及する前は、友達の家に電話するの一手間でしたよね。
特に学生時代など、付き合っている人の家に電話するのは相手の親が電話に出ないかどうか冷や冷やして緊張したものです。
今となってはそれも良い思いでですが(笑)

今では1人に1台、子供も1人1台携帯電話を持つのが当たり前になりましたし、
家族間、友達間で固定電話を使うことも殆どなくなりました。

私の実家には、まだ固定電話が設置されていますが、
かかってくるのは怪しげなセールスの電話が殆どなので、常時留守電にしたままです。

以前であれば、ローンの契約やクレジットカードの審査などに
固定電話の番号があると非常に有効だったのですが、
今では他の項目をクリアしていれば殆ど問題にもなりません。

実際に必要性を感じている人も少なくなってきていて、
固定電話の回線を契約している数も年々減少傾向にあるようです。

様々な意見はありますが、固定電話が今後なくなってしまうのでは?
という方もいるかもしれませんが、それはまずないと思われます。
理由としては、会社や事務所などではまだまだ活躍していることと、
FAX利用のために必要なこと、災害時の通話に必要であることなどが挙げられます。

    ページトップへ戻る
    Copyright(C) 固定電話 All Rights Reserved.